ホーム > TEDAの強みとは > 投資環境 > 人的資源環境
 
人的資源環境
 
人的資源の供給 就業規則の制定
天津地区教育機構 給与
保険制度 住宅貯金
日本人材データ-ベース

天津地区教育機構

天津開発区学校の紹介
 
天津海運職業技術学院は海員の養成を主とする理工、経営などの学科を跨る総合的な全日制国立高等職業学院であり、天津市科学技術協会と中遠バラ積み貨物運輸有限会社が共同運営しています。学院は開発区の第十一大街に位置し、敷地面積は190,796平方メートル、建築面積は110,000平方メートルで、学校外の水上訓練基地が4000平方メートルです。学院は国際港に近い優位性を充分生かして、航海技術、タービン(汽船のエンジン)技術、非破壊検査、コンテナー運輸管理、物流管理等濱海新区の発展と建設に相応しい専門学科を開設して、濱海新区に人材を供給することを目指しています。

天津バイオ工程職業技術学院は開発区の西側に位置し、敷地面積は300畆(1畆=666.667平方メートル)で、建築面積は10万平方メートルです。学校内には教室区、生態栽培区、学生寮、スポーツ区、生活サービス区、図書館、実習トレーニング作業場等が設置されており、マルチ機能を整備した近代化高等職業技術学院です。現在、学院には化学製薬技術、漢方薬資源開発技術、バイオ製薬技術、薬物製剤技術、薬品の経営販売、漢方薬製品、医薬品の貿易、薬物事務管理等の13学科が開設されております。学院は医薬業界における生産販売と伝統的漢方薬の近代化推進の中で需要が大きい各種専門人材の養成を最優先にしています。学生は2-3年間の勉強を通じて規定の履修単位を修得した後、高等職業教育卒業証書及び関連の職業資格認定書を獲得することとなります。

開発区第二中小学校は開発区の第四大街に位置し、泰豊公園と泰達サッカースタジアムに隣接しております。学校の敷地面積は9万平方メートルで、第一期の4万平方メートルの建築工事は既に完成済みです。学校には各種最先端の施設が整備されており、在学生数は300人に達しています。当校の設立によって開発区の子供の入学問題の解決に資源の確保がはかられました。

2個所の国内外で有名な高い水準の研究型大学:

南開大学
天津大学

7個所の大学教育と科学研究を重ねる科学技術型と経済貿易型の総合大学:

天津理工大学、情報技術を特徴とします
天津工業大学、材料科学を特徴とします
天津軽工業学院、海洋化学工業、バイオロジカルエンジニアリングを特徴とします
天津商業学院、ビジネス経済を特徴とします
天津財政経済大学、財務経済を特徴とします
約10個所のそれぞれ特徴を持つ、大学教育を主とする専門学科学院
約20個所の専門学科教育を主とする高等職業技術学院。在職教育を主とするコミュニティ学院とわずかな成人大学

重点大学
天津大学
南開大学
河北工業大学
天津師範大学
天津理工大学
天津商学院
天津財務経済学院
天津医科大学
中国民用航空学院
技術専門学校
天津中徳職業技術学院
天津職業機電学校
天津一軽現代経済学校
天津一軽工業学校
天津工商技術学校
天津現代中等技術学校
天津城郷経済学校
天津市広育学校
天津開発区大学                      天津科学技術大学泰達学院
         
 
技術学校

北大青島高等職業技術学院

天津開発区職業技術学院

 

その他
天津開発区第一中学校
天津開発区第一小学校
天津開発区保育院
天津開発区泰達幼稚園
天津開発区第二幼稚園
天津開発区第三幼稚園
天津開発区育 幼稚園
天津開発区国際学校
天津開発区万博公学
天津開発区濱海小学校
天津開発区中学校