ホーム > TEDAの強みとは > 投資環境 > 人的資源環境
 
人的資源環境
 
人的資源の供給 就業規則の制定
天津地区教育機構 給与
保険制度 住宅貯金
日本人材データ-ベース

保険制度

 

専門用語
  • 雇用者:開発区における企業、国家機関、社会団体と個人経済組織を指します。
  • 従業員:法律に基づき、雇用者と労働協約を締結し、そして1ヶ月以上の給与収入を獲得する従業員をさします。
  • 平均給料:天津市前年度の従業員の毎月平均給料を指します。
  • 個人口座:開発区社会保険基金管理センター(支店)が従業員個人に開設する社会保険金を貯金する口座を指します。社会保険に参加する従業員は基本養老保険、医療保険の個人口座を開設しなければなりません。
開発区社会保険項目

開発区社会保険は主に養老保険、失業保険、労働災害保険、医療保険、出産と児女医療保険の5種類を含みます。
社会保険体系

基本社会保険は強制納金制度を実行し、雇用者と従業員は必ず参加しなければなりません。雇用者の補充保険と個人貯金式保険は原則として自らの意志で参加します。

納金分担割合

養老保険、失業保険、医療保険は雇用者と従業員により納付し、労働傷害保険、出産と子女医療保険は会社により納めます。 

 

雇用者納金比率

個人納金比率

養老保険

20%

8%

医療保険

10%

2%

失業保険

2%

1%

労働傷害保険

0.5%-2%

免除

生育保険

0.8%

免除

総計

33.3%-34.8%

11%


納付基準

雇用者は従業員が個人で納める社会保険料と合算して社会保険料を納めます。従業員は個人給与に比例して社会保険料を納めます。

従業員の給料が天津市最低給料標準より低い場合、天津市の最低給料標準に比例して社会保険料を納めます。

従業員の給料が天津市前年度従業員の月平均給料の300パーセントより高い場合、天津市前年度の従業員月平均給料の300パーセントに比例して保険料を雇用者と従業員とで納めます。300%を上限とし、それ以上は納付は不要で、保険の対象ともなりません。
従業員社会保険制度

開発区は従業員社会保険カードの制度を実行します。社会保険カードは従業員本人と関係ある社会保険のデータを記載し、従業員の各社会保険事務を取り扱う有効な証明となります。
基本社会保険個人口座に含まれるもの:

個人が納めた保険費総額。

雇用者により納めた基本保険料の内、個人口座該当分

個人口座の貯金の利息。
社会保険登録制度

社会保険に参加する従業員は基本養老保険、医療保険の個人口座を開設する。

雇用者が工商登録し、認可されてから30日以内に、開発区社会保険基金管理センターで社会保険を登記し、開発区社会保険基金管理センターにより指定された銀行で社会保険基金専用口座を開設する。

雇用者が社会保険を脱退、または変更する場合、30日以内に開発区社会保険基金管理センターで取消、または変更手続きを行なわなければならない。

雇用者が解散か破産の場合、及びその他の原因で業務終止を公布する場合、関連規定に基づいての資産清算にあたる際、賠償順次では優先的に労働者に遅配した給料を全額返済した後、未納な社会保険料を全額返済する。