ホーム > TEDAの強みとは > 投資環境 > 人的資源環境
 
人的資源環境
 
人的資源の供給 就業規則の制定
天津地区教育機構 給与
保険制度 住宅貯金
日本人材データ-ベース

日本人材データ-ベース

天津開発区は投資者のために人的資源配置、人材募集の主な基礎を築き上げて、1999年に人材データ-ベースを設立しました。今まで100万件の情報を発表して、天津市で最大、レベル最高の人材データ-ベースになりました。現在、1000余登録された会員は五大洲の50カ国と地域にあります。その内、“日本人材データ-ベース”を特別に設立して、日系企業に必要な各種人的資源を提供します。(泰達人材ホットライン)

 

人材データ-ベース学歴構成
博士 0.16%
修士 2.47%
学士 52.66%
短大 36.81%
専門高校 7.90%

人材データ-ベース年齢構成
20歳以下 1.18%
20ー30歳 77%
30ー40歳 19.48%
40ー50歳 2.34%