ホーム > TEDAの強みとは > 投資環境 > 交通、物流
 
交通、物流
 
交通輸送 物流サービス

交通輸送
天津経済技術開発区はインフラが整備発達しており、もう既に海、陸、空の立体交通ネットワークが形成されています。
海運  天津港は、上海港に次ぐ全国第2位の港で、天津経済技術開発区との直線距離は5kmです。天津港の荷扱量は全国の港湾都市の内、第2位であり、貿易輸出量のそれは第1位になっています。天津港はあらゆる機能を完備しており、中国内において整備発展が最も早い港湾です。2007年12月に、天津港の貨物取扱量は初めて3億トンを突破しました。天津港は世界10大港の1つとなり、年間のコンテナ取扱量は700万TEUを突破する見込みです。基本建設投資と主要業務営業収入は共に100億元を突破し、賓海新区を北部における国際海上輸送センター、国際物流センターとするための基礎も固められました。

 天津港は中国北部最大の総合港で、取扱貨物量の70%以上と取引総額の約50%は天津以外の各省(自治区・直轄市)からのもので、中国内陸部にとってスピーディーな海上輸送の窓口となっています。

鉄道  天津は中国北方の鉄道交通の要衝です。全国を貫く6大鉄道である北京~ハルビン、北京~上海、北京~広州、北京~包頭、大同~秦皇島、北京~九龍の各路線は天津で交差しています。旅客.貨物は全国各地に運送され、さらにモングル人民共和国を経て、ヨーロッパ大陸へとつながるユーラシア大陸における主要路の一つです。

道路  天津経済技術開発区は10数本の幹線道路を経由して全国道路ネットとつながっている為、交通が便利です。高速道路を利用すれば天津市市内までは、45分、北京までは1時間半で到達します。

               

空輸  天津濱海国際空港:中国最大の航空貨物輸送センターであり、開発区から 38km、車で約40分の場所に位置しています。
北京首都空港:中国最大の旅客輸送空港であり、開発区から約180km、車で約2時間の場所に位置しています。

 

678号バス
 
  2006年9月、天津市内から天津濱海国際空港までの678号バスが開通しました。これは天津初めてのエアコン付公共バス(全ての車両はエアコン付)のであり、今年、濱海空港バス停で建設された後の初めての公共交通線路です。

  678バスの停留場は嘉陵南里バス停、嘉陵南里、通江路、泊江東里、西湖道、臥龍里、龍井里、西湖村、天大宿舎、四平西道、康営里、ラサ道、濱江道、長沙路、湖北路、小営門、香港路、鴻華里(謙徳荘)、人民公園南門、アモイ路、怡安温泉公寓、河東体育場、大橋道、中山門二号路、南大橋、東城家園(郵便倉庫)、公共交通四公司、東方花市、空港プラザ、空港ターミナル、民航大学東門、天津濱海国際空港などがあります。

  運行時間は週休なく、6:30から19:30までです。

  基本料金は2元、全コースは4元です。


道路 開発区までの距離 ルート 主な到着地区
京津塘高速道路 0キロ 開発区から直接にアクセス 天津、北京、天津港、開発区西区
京津高速道路 0キロ 開発区から直接にアクセス 天津、北京、天津港
京滬高速道路 60キロ 京津塘高速道路からアクセス 山東、江蘇、上海
京瀋高速道路 15キロ 京津塘高速道路からアクセス 山海関、瀋陽、秦皇島
唐津高速道路 15キロ 京津塘高速道路からアクセス 唐山、開発区西区
津浜高速道路 5キロ 津塘道路からアクセス 天津
京津港道路 0キロ 開発区から直接にアクセス 天津、北京
楊北道路 3キロ 開発区から河北路経由でアクセス 天津、楊村、北京、開発区西区
津沽道路 3キロ 開発区から海門橋経由でアクセス 天津
津溜道路 38キロ 開発区から天津外環線経由でアクセス 山東
京福道路 38キロ 開発区から天津外環状線経由でアクセス 華東、華南地区
山海関=広州道路 3キロ 開発区から楊北路経由でアクセス 唐山、華東、華南地区
京津唐道路 3キロ 開発区から津漢線経由でアクセス 唐山、東北地区