ホーム > TEDAと天津の情報 > 機能区域構成 > 逸仙化学工業団地
 
天津経済技術開発区について
 
メイン区 西区
南港工業区 逸仙化学工業団地
微電子工業団地 漢沽現代産業区
輸出加工区 近代サービス産業区(MSD)
中区 アウトソーシングパーク
北塘経済区

位置および計画



逸仙科学工業園のPDF 【2009-6-29】 (ダウンロード

逸仙科学工業園は天津市武清区内に位置し、国家計画で定められた“京津塘高科技走廊”の中心に位置しています。計画面積10Km²です。逸仙科学工業園は京津塘高速道路と隣接して、交通も便利でかつ周囲の環境も優れています。天津市の中心までは30Km、北京まで72Km、天津港まで80Km、天津濱海国際空港まで40Kmの距離に位置しています。

区内の土地はすでに“七通一平”の整備になっています。つまり道路、通信、給水、電力供給、ガス、排水、熱供給が整備されています。

土地環境   園区内の地勢は平坦で、平均標高約5.9-6.2m(大沽水平)です。地質状況も良好で、敷地の地耐力は10トン/m2 であり、地震断裂帯もありません。

通  信 光ファイバーを通して、区内の企業にデジタルなどの通信サービスを提供しています。電話接続台数は1万台です。

給   水   現在、1日6万トンの上水と3万トンの原水の供給能力を有し、浄水場は1日に9万トンの上水を処理できます。

電力供給   電力は京津塘電カ網から引いており、二重回路の電カ供給方式を用いています。区内220KVの変電所と35KVの変電所を通して電カを供給しています。電力供給容量は14万KVAで、380V、10KV、35KVの電圧ガ堤供可能です。

ガ  ス   パイプを通して、天然ガスと混合液化ガスを提供します。
排  水   雨水汚水分流排水システムを採用しています。企業から排出された、国家2級排水標準に達した汚水は区内の汚水処理システムにより、処理、排水されます。

熱供給   企業のニーズにあわせて、様々な方法で熱供給します。
 
生活関連施設   逸仙園と天津市中心部間の往復バスを開通しており、「天津経済技術開発区公交公司」では定期運行バス(50席、エアコン付)により、サービスを提供しています。また、高級マンションと社宅が建設され、企業が購入あるいは賃貸できるようになっている他、泰達国際育成センターでは、区内企業の人材養成をサポートしています。

 

連絡方法

天津経済技術開発区逸仙科学工業園総公司

場  所 中国天津逸仙科学工業園

郵便番号 301726

電  話 8212-9576、8211-6557

F A X 8212-9573

電子メール ysp@mail.zlnet.com.cn