ホーム > TEDAと天津の情報 > 機能区域構成 > 輸出加工区
 
天津経済技術開発区について
 
メイン区 西区
南港工業区 逸仙化学工業団地
微電子工業団地 漢沽現代産業区
輸出加工区 近代サービス産業区(MSD)
中区 アウトソーシングパーク
北塘経済区

概況

天津輸出加工区は2000年4月27日に国務院より承認された15の輸出加工区の1つです。当区域は税関により、出入りする貨物および区内関連場所に対し、24時間監視・管理する「境内関外」の特殊閉鎖区域です。数多くの加工貿易に従事する企業を引き付け、当区域への投資を促進するため、中央政府はこの特殊な経済区域に特殊な優遇政策を与えました。

天津輸出加工区は天津経済技術開発区の東北部に位置し、計画面積は2.54平方キロメートルです。1期目の開発面積は1 平方キロメートルです。輸出加工区と非輸出加工区の間は塀で隔てられています。

輸出加工区内における企業の種類

輸出加工区に入れる企業

輸出加工企業

輸出加工企業の生産品に対し倉庫を提供する企業

税関に認可された、加工区内で貸物の物流業務に携わる運送企業

輸出加工区内で営業できない企業

小売業

一般貿易

貿易

加工区と関係のない業務

優遇政策
連絡方法

電  話   86-22-2520-1652 /1726/2234


F A X    86-22-2520-21021  

メールボックス   yougen@tdb.teda.tj.cn lili@tdb.teda.tj.cn