ホーム > 投資マニュアル > ビジネスコスト > 営業コスト
 
 
運営コスト 給水
電力 ガス
熱力 排水施設
汚水処理場 料金の支払う方法及び罰金規則
電気通信とインターネット エネルギー価格の優遇政策
排水施設

排水方式
 開発区の排水システムは雨水と汚水の分流、段階的アップ、リレー式排出の方式を採用しています。雨水は西から東へ、汚水は南から北へ流し、渤海に排出されます。汚水システムは開発区内の工業汚水と生活汚水を汚水処理場まで輸送し、浄化処理後排出します。雨水システムは増水期と雨・雪天気時、排水と汚水排出をします。
 
排水能力
 現在、開発区の既存の排水パイプネットワークは計887kmを超え、その中、汚水パイプネットワークは347km、雨水パイプネットワークは540kmを超えています。中・大型の雨水・汚水ポンプステーションが15ヶ所、海へ排出用水門が2ヶ所ある。汚水の最高排出能力は11.2㎥/s、雨水の最高排出能力は132㎥/s。
 
長期計画
  雨水・汚水ポンプステーションを16カ所建設します。うち雨水ポンプステーションが7カ所、汚水ポンプステーションが3カ所、雨水・汚水共同ポンプステーションが7カ所あり、汚水処理場を2カ所建設します。設計された最終排水能力が7.18立米/秒に達します。